不満を解消するために

>

浴室の問題点を挙げよう

バリアフリー機能を搭載する

浴室で高齢者がケガをしたり、最悪の場合は命を落とす危険な事故が起こりやすいです。
リフォームする時にバリアフリー機能を搭載すれば、事故が起こる可能性を低下させられます。
90万円ほどで、浴室に手すりをつけられます。
手すりがあれば滑って転ぶことはありません。
高齢者は、骨が弱くなっています。
少し転んだだけでも、骨を折る重傷になってしまうので気をつけてください。

万が一転んでも、呼び出しボタンがあればすぐ助けを求められます。
発見が遅れると、命を落とす事態に発展するので気をつけてください。
安全性が高まるよう、工夫してリフォームしましょう。
バリアフリー機能がとても大事なので、優先してデザインに組み込んでください。

エコを心がけよう

油断していると、常にシャワーを出しっぱなしにしている人がいるでしょう。
それでは水道代が高くなってしまいます。
無駄に水を流すと、地球環境も悪化するので控えてください。
しかしこまめに水を止めようと思っても、忘れてしまう人がいます。
そんな人におすすめなのが、節水シャワーです。

最初から出る水の量が少ないので、これまでより水の使用量が少なくなります。
水道代も安くなりますし、地球環境にも優しいのでおすすめです。
最初は少ない水の量に慣れないかもしれませんが、使用していれば自然に慣れます。
節水シャワーは、80万円ぐらいで搭載できるので、浴室をリノベーションする際は搭載してください。
水道代の変化に、ビックリするはずです。


シェアする